« 尿道炎の薬・膀胱炎の薬 | トップページ | 尿道炎と膀胱炎の薬~ペニシリン系の抗生物質 »

尿道炎と膀胱炎の薬~ニューキノロン系の抗菌剤

尿道炎や膀胱炎の治療で最も処方されているのは
オゼックス、クラビット、スパラ、スオードなどの
ニューキノロン系の抗菌剤です。

内服で使い易い
尿中に高い濃度が得られる
いろいろな細菌に対応できる
薬価が高い

などの理由で
性感染症に限らず
内科、皮膚科、耳鼻咽喉科などでも
かなり頻繁に処方されています。

尿道炎や膀胱炎と診断されて
とりあえず服用させて様子を見る
ような使われ方もされていたり

効果が見られないと
投与量を徐々に増やしたり

同じニューキノロン系の抗菌剤で
次々種類を変えていったり

最低1週間は服用する必要があるのですが
2,3日で症状が取れてしまって
服用を中止してしまうのも多くみられます。

当初は、淋病に効果があったのですが
このような中途半端な使い方が多くなって

現在、ニューキノロン系の抗菌剤は
淋菌にはほとんど効かなくなりました。

しかし、クラミジア、マイコプラズマに対しては
依然として強力な作用をもっていて
クラミジア性やマイコプラズマ性の
尿道炎、膀胱炎、膣炎の治療に用いられています。

さまざまな細菌に有効性が認められていますが
しばしば尿道炎や膀胱炎の原因となる
ブドウ球菌、B群溶連菌、大腸菌などは
あまり得意ではありません。

むしろ、ペニシリン系やセフェム系抗生物質のほうが
効力があります。

クラミジアの治療に
ジスロマックの1g1回投与が
よく行われるようになってきましたが
効果のうえでは、
クラビット、オゼックスなどの1週間投与の方が
確実なようです。

また、最近よく使われていたガチフロは、
血糖値に異常をきたすことがあり
特に糖尿病患者さんに強く現れることから
現在使用はされていません。

|

« 尿道炎の薬・膀胱炎の薬 | トップページ | 尿道炎と膀胱炎の薬~ペニシリン系の抗生物質 »

「医薬品」カテゴリの記事

「尿道炎」カテゴリの記事

「性病」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79292/45807432

この記事へのトラックバック一覧です: 尿道炎と膀胱炎の薬~ニューキノロン系の抗菌剤:

« 尿道炎の薬・膀胱炎の薬 | トップページ | 尿道炎と膀胱炎の薬~ペニシリン系の抗生物質 »