« 尿道炎と膀胱炎の薬~テトラサイクリン系抗生物質 | トップページ | 尿道炎と膀胱炎の薬~アミノグリコシド系 »

尿道炎と膀胱炎の薬~マクロライド系抗生物質

1952年にフィリピンで
エリスロマイシンが発見されたのが
マクロライド系抗生物質の最初です。

エリスロマイシンは
組織への浸透性はよいのですが
まず吸収がよくないのと
副作用として消化器症状
特に下痢がきついので

これらの点を改良した
クラリスとジスロマックが
現在中心に使われています。

マクロライド系抗生物質は
重大な副作用がなく
比較的安全に使える抗菌剤です。

テトラサイクリンと同様に
リボゾームに取り込まれて
その働きを停止させて
細菌の活動を止めてしまいます。

ぶどう球菌やレンサ球菌から
クラミジア、マイコプラズマまで
さらに梅毒トレポネーマにも抗菌力があります。

性感染症では
クラミジア性やマイコプラズマ性の
尿道炎や膣炎の治療意外には
あまり使われないのですが

ペニシリンアレルギーがある人には
ペニシリンの代用として
梅毒の治療に処方されます。

クラリスやジスロマックは
細胞への浸透性が高く
作用の持続性があるので
1日1~2回投与で効果があります。

とくにジスロマックは
服用後5日間も効果が持続します。

なので、クラミジアの治療に
1g1回だけの服用で効き目があります。

しかし、最近では1回だけの服用で
完全にクラミジアやマイコプラズマが
取りきれていない場合があるので

服用から2週間後に
検査で確認する必要があります。

陰性ならば問題ありませんが

もし陽性ならば
再度ジスロマックを服用するか
他の抗菌剤に変更して
治療を進めます。

そしてまた検査です。

尿道炎や膀胱炎、膣炎では
必ず確認の検査をしてください。

症状はなくなっても、
細菌は残っていることがあります。

その場合には、ほぼ100%再発します。

そのときには同じ薬は使えず
治療は厄介で長引きます。

|

« 尿道炎と膀胱炎の薬~テトラサイクリン系抗生物質 | トップページ | 尿道炎と膀胱炎の薬~アミノグリコシド系 »

「医薬品」カテゴリの記事

「尿道炎」カテゴリの記事

「性病」カテゴリの記事

コメント

ご回答をありがとうございました。
私の方がこの7年間、何らかの症状があったのかもしれませんが、気づけなかったのかもしれません。
双方での2つの薬の服用を試してみます。
ありがとうございました。

投稿: mie | 2009/08/15 18時05分

はるばるアフリカから
このブログをご覧頂きありがとうございます。

クラミジアは男女とも症状が出にくいので
現在他にパートナーがいなくても
過去1年間に他の方と性交渉があれば
感染の可能性は考えられます。

しかし、7年間症状もなく
クラミジアを保菌していることは
かなり考えにくいです。

女性の膣内には、
ガードネラ菌、B群溶連菌などの常在菌があり
男性の尿道内は、基本的に無菌なので
セックスによって膣内から尿道に感染することは
よくあります。

テトラサイクリンは、クラミジアだけでなく
これら常在菌にも抗菌力はありますが
クラミジア以外の菌にはあまり強くはないので
テトラサイクリン1種類だけでは
常在菌含めて完全に取り除くのは難しいと思います。

再感染したということでなく
しっかり除菌ができていなくて再発した
ということも十分に考えられます。

セフィキシム1週間服用の後に
テトラサイクリン2週間の服用はよい組み合わせで
膣内常在菌、クラミジアの除菌には効果的です。

検査で除菌の状態を確認しながら
治療を進めていくのがよいのですが
なかなか難しそうな状況のようですね。

もし、彼のほうが再発を繰り返すようなら
セフェム系とテトラサイクリンの組み合わせを
試されてみてはいかがでしょうか?

投稿: 苫倉 権之介 | 2009/08/15 11時22分

コメント欄での、質問で大変失礼します。
事情があり、現在フランス語圏のアフリカにいます。途上国です。3ヶ月ほど前、パートナーより性感染症を告げられました。彼の言い分では(今までにそのような症状はなかったこと、他のパートナーがいないこと)保菌者は私のようでした。彼はテトラサイクリン250を処方され出ていた症状が治癒していました。私の方は他の病院に行ったため、どの薬を服用したかはっきりしません。治癒後、変わりなく性交渉をしていましたが、ここに来て彼の方から再発したと告げられました。彼の症状が治まっていたことから、私の治癒が完全ではなかったのだと思います。インターネットで調べていると、テトラサイクリンで症状がなくなったことなどからクラミジアだったのではと思います。彼以前にも性交渉はありましたが、7年近く間が開いています。
今日再度病院に行ったところ、セフィキシム400を処方されました。ただ、これだと、淋病には効いても、クラミジアに対応していないのではと思います。彼の方は再度テトラサイクリン250を処方されています。そこで、自分でテトラサイクリン250を購入し、セフィキシム400を1週間服用後に、テトラサイクリン250を2週間程度服用しようかと思います。罹患期間が長かったことが予想されること、病名がはっきりしないこと、私の方は会い回らずずっと何の症状もないことで不安が残ります。この服用は問題でしょうか? 判定検査はこの国の環境上、難しいようです。言語の問題で、なかなか詳しいところが突っ込んで聞けず、困っています。何かアドバイスをいただけると大変ありがたいのですが、よろしくお願いします。

投稿: mie | 2009/08/15 03時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79292/45869261

この記事へのトラックバック一覧です: 尿道炎と膀胱炎の薬~マクロライド系抗生物質:

« 尿道炎と膀胱炎の薬~テトラサイクリン系抗生物質 | トップページ | 尿道炎と膀胱炎の薬~アミノグリコシド系 »